製品紹介

SL18Xシリーズ

レーザ特性

熱変性の少ないレーザ加工

ナノ秒の短パルス発振が可能なため、熱変性の少ない良好なレーザ加工特性を実現しました。


安定なQスイッチパルス

安定なQスイッチパルス


安定なシングルモード

レーザー加工の形状にビームのプロファイルは重要です。パルス間の変動が少なく、安定したシングルモードのビームを出力します。

ピュアなシングルモード

豊富なバリエーション

レーザ波長はSHG(0.53μm)、THG(0.35μm)など豊富なバリエーションをそろえています。

高安定なレーザ発振

ファーストパルス・サプレッサの標準装備により、高安定なレーザ発振が可能です。

リアルタイム制御

パワーモニタ内蔵により、レーザ出力のリアルタイム制御が可能です。

システム化が容易

豊富な外部インタフェースにより、外部機器と接続したシステム化が容易です。